コーティング剤との違い

メッキの大敵である埃・油・水を寄せ付けない疎水性です。

クロームメッキは金属の表面に施すことで、光沢のある美しい見た目に仕上げてくれます。

 

 

しかしながら長い期間が経過すると、やがて錆びるようになってしまいます。

 

 

それは表面に空いている穴が原因で、目視では中々確認できないほどの規模です。

 

 

そこに水などが入り込むことで、まず小さな錆びを発生させます。そうなるとメッキ部分に歪みが発生し、土台となっている金属との間に隙間が出来るようになります。

 

 

その隙間にさらに錆びの原因となる物質が入るという悪循環が生まれるというわけです。したがって何も対策をしなければ、時間の経過と共にメッキは悪くなっていきます。

 

 

メッキには見た目を美しくするだけでなく、金属を保護する役割もあります。そのためメッキがダメになるということは、土台となる金属にも問題が発生する可能性があるという意味になります。

 

 

なので何らかの対策を施さなければなりません。その対策のひとつとして活用できるのがメッキングで、小さな穴の対策をするメッキ保護剤です。

 

 

メッキに空いている穴に入り込むことができるほど小さな粒子が含まれていて、水などが入り込むのを防ぎます。つまりまだ錆びが発生していない時に使うもので、水や油を寄せ付けない性質があるため、錆びそのものを遠ざけることができます。

 

 

使い方はシンプルで、特に専門的な知識は必要ありません。10cm四方に1から2滴を目安にして、メッキを傷めないクロスに付けてから塗布していくだけです。

 

 

そこからムラがなくなるように、入念に馴染ませます。大量に塗布するとムラが出来やすいので、多ければ良いというわけではありません。

 

 

そしてメッキングは硬化する性質をもっていて、それが完了するのは約24時間です。その間は水がかからない環境に置いておきます。

 

 

またクロスも硬化するため、その硬化した部分がメッキを傷つけないように注意してください。

 

 

そうして正しい使い方を守っていれば、高い保護機能が期待できるでしょう。

 

 

メッキングは一度に大量に塗布するのではなく、少しずつ重ね塗りしていくと層を厚くすることで保護機能を高められます。塗布する間隔は最初の3回は2から6週間おきで、それ以降は1年に数回が目安です。

 

そして開封してからも品質を維持できるように、特殊シリコン剤を配合した溶剤タイプとなっています。

 

 

したがってコーティング剤のように、一度で全てを使い切ってしまわなければならないというわけではありません。

 

付属のクロスは、高級メガネ拭きの100倍以上のきめ細かさが!

メッキングはバイクなどに使用するメッキ保護剤の商品で、NAKARAIが販売している物です。

 

 

この商品に付属している物は商品が1本と史上最鏡クロスが2枚、そしてチラシや説明書になります。この商品は付属されている史上最鏡クロスを使用する事で、さらに美しい輝きになる事が特徴です。

 

 

サビの三大要素とされているのが、水と油、埃といった部分ですが、この商品は独自の開発によって生み出された技術によってサビの要因を寄せ付けません。

 

 

メッキングは溶剤タイプに特殊シリコン剤を使用していますので、水や油などを寄せ付けずに車体を守ります。

 

 

また付属のクロスはハイエンドクラスのメガネ拭きと比較しても100倍以上の繊細さとなっていますので、汚れはもちろん埃もしっかりと拭き上げます。そのため塗布する時に汚れや埃などで発生しやすい、引きずり傷というダメージを最大限まで抑える事が可能です。

 

 

バイクや車のメッキを保護する役割がある物は他にも、例えばワックスやガラスコーティングなどが挙げられます。しかしこれらの施工よりもメッキングのほうが優れているメリットを見てみましょう。

 

 

まず挙げられるのが、開封した後でも再び使用できるのでコスト面で優れているという点です。特殊シリコン剤を使用しているため、開封後に空気に触れないように気をつけて保管しておけば再度使用可能です。

 

 

そして研磨剤が入っていない商品ですので、メッキの剥がれやサビの原因も防げるというのが大きなメリットとなります。

 

 

一方のワックスの場合は研磨剤が使用されていますので、薄いクロームメッキにダメージを与えてしまうという事も考えられるのがデメリットです。

 

 

さらにガラスコーティングなどはコーティング剤が落ちてくると、またコーティングするという繰り返しとなりますが、メッキングなら塗り重ねていく事が可能です。どんどん塗り重ねていく事で厚みが出て、一層コーティング力が強くなっていくというのがメリットです。

 

 

このように他のメッキ保護剤としての役割があるワックスなどと比較してもメリットが多いのがこの商品ですが、販売価格が5980円というお手頃価格で提供されています。

 

 

説明書付属ですのでどなたでも自分で気軽に施工できますので、プロの作業料金なども必要ありません。

 

 

低価格で気軽にメッキの保護を行ないたい方は、このメッキングを購入してみるのがおすすめです。

 

 

また同社のサビトリキングという商品と同時に購入するとさらにお安くなりますので、検討してみるのも良いでしょう。

 

>>メッキング&サビトリキング【最安値】公式通販ショップはこちら<<