バイク ピカピカにする方法

史上最鏡クロスは、高級メガネ拭きの100倍以上のキメの細かさ!

男性の中にはバイクやデコトラ好きの方が多いと思います。

 

 

好きな車種はボロボロよりもピカピカにコーティングされた方が高級感がありますし、見た目も綺麗に見えますよね。

 

 

そんな車、バイク好きの方にお勧めしたい商品が、メッキングです。

 

 

バイク雑誌などで紹介される事も多い物なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

メッキングは水・油・埃を寄せ付けない、最強のコーティング剤とも言われています。

 

 

この3大要素は愛車を錆びさせる原因のものですよね。

 

 

溶剤タイプに特殊シリコン剤を配合する事で、この3つの要素を取り除きます。

 

 

コーティング剤というと、よくあるのが「ガラスコーティング」ですよね。しかし、この商品はそのさらに上を行く進化した「オルガノガラスコーティング」をする事ができます。

 

 

従来の物が親水性なのに対し、こちらは疎水性なので3つの要素を寄せ付けない効果がさらに高い物となっています。

 

 

また、付属しているクロスは眼鏡ふきの100倍以上のキメ細かさがあり引きずり傷をかなり防ぐことができます。

 

 

バイク用、スーパーカー用、トラック用とありますので、お好みの物をご利用ください。

 

埃や汚れを吹き上げながら塗布出来るので、引きずり傷も防止出来ます!

使い方もとても簡単です。

 

 

まず、ウエスなどで汚れや油分を完全に取り除いて下さい。

 

 

この時、可能であれば水洗いをし、完全に乾いた状態にしておいた方がよりベストです。

 

 

次に、メッキングを塗りたい場所に数滴たらし、良く伸ばします。

 

 

そして乾いたクロスで吹きあげ24時間乾燥させれえば完成です。

 

 

液体も伸ばしやすくムラ塗りも防ぐ使用になっており、時間も短縮できるの手軽な保護材です。

 

 

そもそも、バイクや車にはメッキがしてあるのになぜもう一度するのか?

 

 

その点を疑問に思われている方もいらっしゃると思いますが、その答えは多くのバイクや車の表面は「クロームメッキ」で覆われいるからです。

 

 

クロームは、目ためも良く、大気中でも変色しにくい特徴があり、扱いやすい金属なのですが、最大のデメリットが目に見えない穴が無数に開いている。という点です。

 

 

この穴から水分が入り込み、内部から愛車を錆びさせてしまいます。

 

 

ですから、メッキングでさらに上からコーティングする事で、よりピカピカが長持ちするきれいな愛車を保つことが出来るようになります。

 

 

保護膜としての役割をしますので、クロームを削る事もなく誰でも簡単に取り扱う事ができます。

 

 

史上「最鏡」と言われるこの保護材、ご注文はインターネット、電話、FAXから承っております。

 

>>メッキング&サビトリキング【最安値】公式通販ショップはこちら<<