サビトリキング 保護剤

愛車・バイクのサビをとって、ピッカピカ!

自動車などの外装部分に多用されていて他の部分に比べると取り分けて光沢感が強いのがメッキですが、美しい光沢感を維持したり新品時の様子を取り戻したい時にはサビトリキングが適しています。

 

 

サビトリキングは強い光沢感で光り輝くメッキの部分に使用するメッキ保護剤であり、特有の美しさに魅了された方々にとって頼もしい製品です。

 

 

自動車に使用すると高級感が向上させられたり、オリジナリティをより高く表現できるようになる様子からメッキが多用されている車両やグレードを選ぶ方は多いですし、後から部品交換を行ってメッキに変更する方も少なくありません。

 

 

そのようなファンが多くて大きく印象を変化させられるメッキですが、経過する年数が長くなるほど表面上に斑点が見られるようになったり、色味が黄色に変化します。

 

 

表面上に斑点が見られるようになったり、色味が黄色になると元来の光沢感が感じられなくなってしまうだけではなく、全体の高級感にも影響するので新品時の状態を維持し続ける事が大切になります。

 

 

年数が経過する毎に顕著に見られるようになるメッキの状態を元来の美しさに取り戻す事に特化しているサビトリキングは、東京都の大田区に本社を構えている企業が開発した製品なのですが、開発した企業はメッキの加工や塗装を行っているためプロならではの視点と知識がふんだんに用いられて製品化が実現されています。

 

 

長年自動車やトラック、バイクなどに使用するメッキパーツの加工を行ってきた企業だからこそ、メッキならではの特性を十分に考慮して製品開発が行われています。

 

 

メッキ加工というのは、金属パーツもしくは樹脂パーツの表面上に処理を施す事により完成するのですが、メッキの皮膜は加工時に素材の上に同時に用いる銅やニッケルに比べると突出して薄さが薄いため、年月が経過するとメッキの下部にあるニッケルが見えてしまいやすくなります。

 

 

さらに、年月の経過と共に見えやすくなる理由としては、元来メッキ自体に目には見えない小さな穴がたくさん空いている特徴も挙げられ、小さな穴が少しずつ広がり大きくなる事により下部の素材が見えやすくなり、斑点が確認されるようになったり当初の光沢感が感じられなくなっていまいます。

 

 

通常は部品自体を交換する事になりますが、サビトリキングを使用すると表面上の小さな穴にメッキ保護剤が入り込み埋めてくれるため部品交換をしなくても新品時の美しさが取り戻せますし、新品時に使用すれば経年劣化を強力に予防できいつまでも美しい状態が維持し続けられます。

 

早めに塗布することでクロームメッキの「点錆」を防げます。

自動車やバイクなどで利用されているメッキ部品は、そのフォルムを引き立てる非常に重要な部品となっています。

 

 

美しく光沢のある状態では非常に高級感を醸し出すものとなっていますが、実はこの部品は非常に経年変化に弱いものとなっており、日が経つにつれ色がくすんできたり、場合によってはサビが浮いて汚くなってしまうと言うことも少なくありません。

 

 

メッキ部品は、そのなめらかさを出すために一般的には非常に薄いコーティングとなっています。

 

 

そのため腐食に弱く、また様々な汚れによる影響を受けやすいと言うのが特徴です。これを保護するためにワックスなどを利用すると言う人も多いのですが、ワックスはその材質によっては表面にメッキ部品との化学変化を起こし、逆に汚くなってしまうこともあるので注意をしなければなりません。

 

 

このような時に役立つのが、サビトリキングと言われるコーティング剤です。

 

 

メッキ保護剤とも言われ、表面の塗料と非常に密接に結びつく性質を持っているので、この処理を行うことで美しい状態を長く保つことができます。

 

そのため、最近では利用されることも多いのですが、利用にあたってはいくつか注意しなければならないこともあります。

 

 

サビトリキングは非常に強固に結びつく性質を持っているため、処置を行う際には皮膚などに付着しないように十分に防御をすることが必要です。特に目などに入ってしまうと失明の恐れもあるため、メッキ保護剤を使用する際にはゴーグルなどで目を保護することが大切になります。

 

また、手袋も用意しておくと非常に便利です。肌の弱い人などは、かぶれてしまうこともあるので注意をしなければなりません。

 

 

サビトリキングの作業を行う際には表面の汚れを丁寧に拭き取ってから、目立たないところで少し試してみることが必要です。

 

 

メッキ保護剤の中には相性が強いものもあるため、場合によっては表面が黒ずんでしまうと言うことも少なくありません。

 

 

目立たないところで試しにコーティングを行ってみて、表面が乾いても色の変化が無いもしくは少ないことを確認してから全体に均一に塗布するのが非常に効果的な方法です。

 

 

サビトリキングは通常のコーティングと同じように考える人も多いのですが、素材の表面と非常に強固に結びつくため丁寧にかつ迅速に作業を行わないとムラが目立ってしまうことが多いのが難点です。

 

 

そのため、不慣れな人は専門のショップに持ち込みプロに行ってもらうのが非常に良い方法となっています。

 

 

サビトリキングをするとメッキ部品の表面の光沢が非常に長持ちするばかりでなく、汚れも付着しにくくなるので、非常に効果的です。

 

>>メッキング&サビトリキング【最安値】公式通販ショップはこちら<<